今まで経験してきたすべてのデータは、あなたの潜在意識の中に完全に保存されています。

例えば人の名前だとか、旅先での風景や出来事などいつでもその中から取り出すことができるようになっています。

また、あなたの肉体のメカニズムを司っているのも潜在意識です。

 

パンを一切れ食べると、それは血肉になるように潜在意識はあなたが生きていく上での、あらゆる面で重要な作用を及ぼしているのです。

しかも、この潜在意識は休むことも疲れることを知りません。既に働き続けています。

ですから、あなたが眠りに着く前にあなたの願いを唱えてみれば、きっと潜在意識は奇跡を与えてくれます。

 

その軌跡の根源は宇宙のエネルギーです。無限の力と可能性は宇宙エネルギーの一部なのです。

つまりあなたの波長が宇宙のエネルギーと同調した時、その無限の力や可能性が奇跡を起こさせるわけです。

理想や愛や願望というのは、あなたの潜在意識の意思の表れだと言っていいでしょう。

 

例えばシェイクスピアや、ギリシャの彫刻家「フィギュアマドンナ」の絵を書いたイタリアの画家ラファレ、そしてあのベートーベンがそれぞれの世界で名を挙げ、人々に賞賛されたのも彼らの理想や愛そして願望を潜在意識によって現実化させたからです。

一方、医学の世界では消毒していない器具を使い、しかも麻酔なしといった現代では想像もつかない手術を実際手掛けた人がいました。

1843年から46年にかけてはエーテルなどの「近代的麻酔薬」はまだ発見されていませんでしたから、完璧な状態で手術に臨むことなどできない時代でした。

 

その中で腫瘍や癌の摘出などあらゆる手術を行っていた偉大な医師がいました。

彼の名はジェームズ ・スドゥー。スコットランド人です。

その不完全な設備の中で彼が手掛けた大手術はほとんど成功しています。

 

もちろん手術中に死者を出すことも一度もありませんでした。

では、衛生的にも不備で麻酔もない状態で一体どうやって大手術を成功させたのでしょう?

スドゥーは全ての手術を精神麻酔だけで行なっていたのです。

 

患者を催眠状態にして、苦痛もなく感染の腐敗が決して起こらないことを患者の「潜在意識」に植え付けました。

手術中、患者が苦痛に耐えきれず死ぬこともなく、手術後も順調に回復していったのは、スドゥーの暗示に患者たちの潜在意識が反応したということに他なりません。

今から百数十年も前に、市議会がこのような数々の奇跡を起こしていたというのは全く驚きです。

 

しかし、あなたにも自分でも気づかない力が備わっているのです。

例えば送信能力だとか、テレパシーなど、これらの現代科学では説明しきれない「人間の五感を超える力」または超自然現象というものは、あなたの内なる力が引き起こしているのです。

これらは全て潜在意識の力によるものです。あなたがこの力を信じれば、その力はもっともっと強くなりあなたに喜びを与え続けるでしょう。

 

あなたの考えが、あなたを作る自分の内面に歯ぎしりしたことは、あなたの行動として現れてきます。

つまりあなたが考えたり心に描いたりしたことは、あなた自身が実際に環境や状態・出来事がそれは「主観と客観」または見える部分と見えない部分、考えと表面のように二つの面から成り立っています。

あなたの考えや想いを受け入れるところは脳です。潜在意識はこの脳の働きによるものです。

 

この顕在意識が何らかの考えを受け入れると、今度は精神の脳とも言われる胃の裏側にある太陽神経叢(たいようしんけいそう)に送られます。

潜在意識はここにあります。そして、あなたの前に実体験という形で現れてきます。

先にも述べましたが、潜在意識は異論も反論もせずただあなたが心に思うことを実現させるだけですから、脳から送られてきた思考が太陽神経叢に入り、最終的な結論として受け取られると、それが体験という形で現れる。

 

アメリカの有名な随筆家エマーソンは「人は自分が一日中考えていることそのものである」と言っていますが、それはこういった意味を指していると言えます。

現実は「潜在意識が生み出す」あなたの潜在意識には泉のように常に姿勢が湧き出しています。

これは生命の法則とも呼ばれ、天地を揺るがすほどの力を持って、潜在意識に刻み込んだ事を実現させる働きがあります。

 

ですからあなたはいつもポジティブで前向きな考えを刻むことが大切なのです。

現在世界中で多くの混乱や惨事があちこちで起きているのは、私たちが自分の持つ力を身に理解していないためです。

顕在意識と潜在意識の「相互作用」についても知識がないから、この二つの意識をうまく活用し調和をとることができるなら、この地球上から病気も争いもなくなるでしょう。

 

そして永遠の幸福と愛と健康を得ることができます。

キリストや釈迦や孔子など、深い悟りを開いた預言者たちは共通して同じことを解いています。

「上なる如く、下もまた然り」ということです。つまり潜在意識に刻印されたものは現実を通してあなたの目に映るわけです。

 

この大自然の法則には作用反作用の原理があります。

そしてこの原理は絶妙なバランスで入ってくるもの、出て行くものを等しく保っています。

あなたがこの世に生を得て存在する限り、この大自然の法則すなわち宇宙の法則に従わなければいけません。

 

もしあなたがネガティブな考えを持っていると、それも宇宙の法則に従い外へ出て行こうとするでしょう。

恐怖や情緒不安定といった内面的な状態だけでなく、心臓病だとか潰瘍といった病気に姿を変え、あなたの外面に出てくる。

あなたは自分についてどう感じるんですか?あなたの今の「健康状態・経済状態」という人間社会的地位など、あなたに関わる全ての現在の状態はあなた自身が考えていることの表れなのです。

 

あなたが感じたことはすべて心に刻印され、そして潜在意識はあなたに実体験という形で答えています。

私たちは今まで何度もネガティブな感情に苦しめられてきました。

怒ったりダウンロードしたり恐れたり、これらの感情はみな自分以外のものに向けているはずなのに、結局 自分が一番苦しみ傷ついています。

 

これは潜在意識に届くのです。

私たちが生まれてきた時は、このような道具は持っていませんでした。

潜在意識はまっさらのままでした。

 

だからこそ、子供は無限の可能性を秘めている」と言われるのです。

大人になるにつれて、私たちはこの毒に犯されて死ぬのですから、この毒を取り除くことです。

ネガティブな感情を消し去り、常に何事もポジティブに感じること考えることです。

そうすれば毒に犯された過去は、全て思い出すこともなくなるでしょう。

 

肉体の故障は肉体の創造者が直す。

40年以上前のことです。私は悪性皮膚炎にかかっていました。

医者の治療ではその進行を止めることはできず、悪化していくのをただ手をこまねいて見ているだけでした。

 

ある日、私の友人で心理学に造詣の深い牧師が「聖書の一部」を見せて説明してくれました。

潜在意識が君の体を作ったのであれば、その肉体の故障や不完全を直すことができるはずだというのです。

彼は自分の腕時計をさせてこれを見てます。

 

この時計は誰かの手で作られたもので、この時計を作った人はこの時計の細部に至るまで知り尽くしているはずだ。

だからもしこの時計が壊れたとしても、きっと直せるはずなの言いました。

この時計が私の体だったわけでしたが、時計を作った人というのが潜在意識となります。

 

すると、潜在意識は私の肉体の機能や作用の細部に渡るまで知り尽くしていて、それを癒したり修復したりは当然できるということになるわけです。

ただし、そのことを私が潜在意識に改めて認識させる必要がありました。

私は毎日数回繰り返し治りたいという願望を入力したのです。

 

「私の肉体は潜在意識によって作られました。私の肉体組織のすべてを作り管理しています。今私の体に故障が起きていますが、潜在意識はそれを発見しすぐに癒しにかかるでしょう。今も少しずつ修復されているのを私は知っています。」

3ヶ月の医療では治せなかったこの皮膚病も、私の内なる力で完全に直してしまったのです。

その時私がやったことは、健康と完全という自己暗示をかけネガティブな想像や考えを消し去っただけです。

 

ネガティブな考えや感情が心の中にない限り、肉体には何も現れないものです。

ですからポジティブな気持ちで心を満たしていれば永遠に健康と平和でいられるのです。

これこそが治癒の根底にあるものです。

 

潜在意識と生命の仕組み

潜在意識はあなたがどんな状態にあろうと、絶えず働き続けています。

呼吸して新鮮な空気を血液に取り入れるために、肺や心臓などの呼吸器官を働かせています。

 

消化器官や感覚器官なども同様に生命を維持させるための働きをしています。

あなたが眠っていようと目を覚ましていようと、あなたの髪や爪は伸びている。

しかも専門家によると、寝ている時の方が肉体は成長しているのだそうです。

 

またあなたは精神面で気になっていることが夢に出てくるといったような経験をしたことがありませんか?

世に名を残した科学者たちは、よく自分たちのぶつかった難問を夢の中で解決したそうです。

顕在意識は時々「潜在意識」が行なっている活動に対して、不安を抱くことがあります。

 

お家ではせっかく調和しているあなたの「色々な働き」を自ら崩してしまうことになりますね。

もし心が乱れ調和を崩しかけたら、心を無にしてリラックスして下さい。

そして潜在意識に言い聞かせてください。

 

自然の秩序に従っている神・自分は見られることがなく、平和で調和が取れているすると、潜在意識はその言葉通りに反応し、あなたの体を再び元の状態に戻してくれるでしょう。

人の体は実に不思議で神秘的です。

例えば、あなたは毒を飲んだり悪いものを口にしてしまえば、潜在意識は直ちにそれに気付くのです。体のすべての機能を働かせて取り除くことするでしょう。

 

あなたの生命を守り、維持させあなたの真に望むことを実現させるのが潜在意識の任務だから、その神秘的な力をあなたが信じることができればあなたに奇跡が起こります。

あなたの潜在意識は常に働いているということを頭に入れておいてください。

ただし、その活動は目で見ることはできません。あなたが感じることができるのは「顕在意識」の方です。

 

顕在意識と潜在意識は結局のところ繋がっているわけですから、最善を期待しながら「顕在意識」にあなたの考えを強く持たせてください。

そうすれば潜在意識はあなたの考えに沿った結果を表していきます。

水がその器によって様々に形を変えるように、生命の源である潜在意識もあなたの考えに応じて形作ります。

それがあなたに喜びを、成功へと導いてくれると信じていなければ、あなたは成功を手にする喜びを与えることはないでしょう。

 

生命の原理

「フランス・ルルド」の医学調査所記録に、ビールという目の不自由な婦人が再び光を取り戻したとあります。

ホノルルとはフランス南西部の巡礼市で聖地とされているところ。

1858年、この家の貧しい粉屋の娘ベルナデットが、聖母マリアを目撃し、彼女の触れた岩から泉が吹き出したと言われています。

 

その出来事いらい、あまりに多くの奇跡が起こったので、その調査のための「特殊医学機関」も設けられているほどです。

その話を聞きつけたビール夫人はルルドへ向かいました。

するとそこで彼女にいわゆる奇跡的な治癒が起こった1955年の11月ある雑誌に、ビール夫人について次のような記事が載っていました。

 

何人もの医師が繰り返し検査した結果、彼女の神経は死んでいると断言されました。

ところが信じられないことに、彼女はルルドで再び視力を取り戻したのです。

1か月後、今まで何度となく受けた検査を再び受けてみると、ビール婦人の視覚機能は正常になっていた。

 

私も数回グループを立てなすことがありますが、やはり同じような治癒の例を見てきています。

このような例は「ルルド」に限らず、またどんな「宗教宗派」に限らず、世界中のあちこちの聖地と呼ばれるところに見られています。

つまり、ビール夫人はじめ、これらの例は聖地によって癒されたのではなく、心に強く信じていたことが結果として現れたにすぎません。

 

信念は潜在意識の中の思想です。

あることを真実として受け入れることができれば、潜在意識は宇宙の法則に従ってそれを実行するだけです。

ビール夫人は「ルルドへ行けば必ず自分にも奇跡が起こる」と固く信じていたに違いありません。

 

その強い信念に、潜在意識に答えた目を作ったのは潜在意識ですから、昨日なくしたものを復活させることができるのは当然のことなんです。

生命の原理とは、自分の作ったものは再び作り直すことができるということです。

 

健全な心に健全な体。

私の古くからの友人が南アフリカの「ヨハネスブルグ」に住んでいます。

その彼から潜在意識の力を使って奇跡的なことが起こったという手紙が送られてきました。

 

それによると彼は「肺がん」ということだったのですが、現代医学では諦めるほかなかったその病気を自分自身で完治させたのだそうです。

彼のその方法、自己暗示によって潜在意識の力を全開させることです。

まず身も心も十分にリラックスさせます。まさしから膝・腰・腕・肩・頭と一つ一つ力を抜いて完全にリラックスした状態を作ります。

 

そして次のように暗示をかけます。

「いま私は完全な健康を取り戻そうとしている。私の潜在意識の力でそれを取り戻すことができる。完全であるように宇宙の中の一部である私も完全だ。私の潜在意識は常に宇宙のエネルギーと通じている。私の肉体は潜在意識の力によって完全になる。」

彼はこの暗示を繰り返すことによって、自分の体の中からその病を追い払い、健康を取り戻したということです。

 

このように自己暗示にかける方法と、もう一つはイメージを描く方法があります。

機能障害を起こして身動きが取れない人に、私はイメージを鮮明に描くことを勧めました。

例えば会社の中で一生懸命仕事をしている「自分の健康な姿をイメージ」してみる。それもごく細かな部分までイメージするようにアドバイスしました。

 

机の引き出しを開いてみたり、電話や来客の応対など日常の業務のことを全てイメージするようにです。

彼は自分が張り切って仕事をしながら毎日を送っているところをイメージしていると、胸がワクワクしてきたそうです。

顕在意識は映写機と同じです。

 

映写機から映し出された生き生きとした自分を見ると、潜在意識がその姿を現実のものとするために歩き始めます。

彼がそのイメージトレーニングをはじめて数週間後のことです。

家族全員が外出中に電話がかかってきた時、彼は自分の力で4メートル離れている電話のところまで歩き、受話器を取ることができたのです。

 

彼のイメージが潜在意識に到達し、彼の望みを叶えるために力を発揮したわけです。

彼の機能障害の正体は心の障害だったんです。そのため脳が足まで到達させることができなかった。

心の障害さえ取り除けば、私たちの形でも素直に答えてくれる。

 

セッション反応まとめ

第1 潜在意識は肉体をも支配し生命活動を維持しています。

第2 眠る前にあなたの願いを唱えてごらん。奇跡が貴方に起こるでしょう。

第3 あなたの思うことはどんなことでもあなたの人生の過程として経験として表現されます。ですから潜在意識に流れ込む思想を注意深く見張らなくてはなりません。

 

第4 うちなるスピリットの法則には作用反作用の関係があります。あなたの考えることが作用で、その考えに対する潜在意識も答えが浅い。

第5 挫折は失望から始まります。あなたがネガティブなことばかり考えていると、潜在意識はそれに反応するので自分の夢や願望を放棄することになってしまいます。

第6 あなたの潜在意識の力を100%信じていれば、生命の原理、またはスピリットの法則に伴って完全な調和を測れるでしょう。これは全ての争いを回収します。

 

第7 心配・不安・恐怖などの感情はあなたの体を崩してしまいます。常に完全な肉体を望むことです。再び正常なリズムを取り戻すことでしょう。

第8 顕在意識を最善の期待で満たすことです。そうすれば潜在意識が忠実にその考えに沿った結果を与えてくれます。

第9 あなたの望むことをイメージしてください。自分のなりたい姿・やりたいことを細かく頭に描いてみるのです。

そうすると、それが潜在意識に受け入れられたと、そのイメージ通りの自分になっているはず 。

 

1時間7分37秒まで

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です