あなたの中には無限の富が秘められているということについてお話ししていきましょう。

知性や 愛や可能性、これらのものがあなたの中に無限に住んでいます。ですから、もしあなたがこれらの宝を自分の中に持ち出すことができたら人生はあなたの思いのまま望み通りのものになります。

素晴らしいことだと思いませんか?

 

あなたの欲しいものは何でも手に入るのです。

ところが、人には二つのタイプがあるのですね。

例えば磁気を帯びた鉄と、そうでない鉄と言ったように、鉄に磁気を帯びさせればそれは自分の重さの約12倍のものを持ち上げることができます。

しかし、その鉄も磁気を無くしてしまえば、塵ひとつ持ち上げることのできない只の金属の塊にしか過ぎなくなってしまいます。

 

自分の無限の能力、無限の可能性を信じ、その活かし方を知っている人の言う言葉です。

彼らは、自分の求めるものは必ず手に入る、自分のすることは必ず成功すると信じ、そしてそれを身をもって体験してきています。

ところが、磁気を帯びていない鉄のような人はと言うと、「本当に自分にできるんだろうか。夢のようなことを考えているんじゃないだろうか。そんなことをすれば生活していけなくなるかもしれない。」人は私をどう思うだろう。

そんなマイナス思考の想いが恐怖と不安を駆り立て、自信をなくして残るは無力感だけとこうなるわけです。

 

しかもその無力感が人を力を失くした鉄にしてしまう一番大きな原因なのです。

ですから、どうかあなたは磁気を帯びた鉄になってください。そしてあなたの望み通りの人生を作り上げてください。

それにはまずあなたの中の驚異的な力を見つけることです。驚異的な力と、宇宙を超越した心理。

 

では驚異的な力とはいったい何のことでしょう?

ブラックホールや宇宙空間のエネルギーのことでしょうか?

また、素粒子は超電導に秘められた謎のことでしょうか。世の中で明らかにされていないことはたくさんあります。

でも、私の言う驚異的な力とはそういったことではありません。

 

もっと身近で、もっと簡単なもの。言うならば潜在意識が引き起こす奇跡の力、いわゆる願望実現の力です。

ところが残念なことに、その潜在意識の力を知る人はごくわずかしかいません。

あなたの中に秘められた驚異の力。もしあなたが潜在意識に秘められた驚異の力をうまく利用し引き出すことが出来たなら、あなたは今よりももっと大きな家や富、健康、そして幸せを得ることができるでしょう。

 

そして、素晴らしいことに、あなたはその驚異の力を得ようと努力する必要がないのです。

なぜならあなたにはその力がすでに備わっているからです。

だからあなたは自分の人生において潜在意識の利用法を学びさえすればいいわけです。

 

このプログラムではそのテクニックと手順を詳しく紹介していきますから、それに従えば必ず簡単にマスターできます。

そしてあなたは一つの願望を実現した後も次々に新しい願望を実現させる潜在意識を開発していくことになります。

そうやってあなたの人生はあなたの望み通りになっていくのです。

 

潜在意識は常にあなたが望んだ通りの良い結果を与えてくれます。

あなたが望めば理想通りのパートナーや協力者を得ることもできるし、あなたの不動産を処分したいと思えばぜひ買いたいという人が現れてきます。

また、あなたが十分に人生を謳歌できるような金銭的自由が欲しいと思えば、それも手に入れることができる。

 

あなたに何か障害が起きたとしても、あなたの潜在意識はその問題を見事にクリアするでしょう。

問題があなたに訪れても、必ずあなたの望んだように物事は進みます。その時改めてこの不思議で偉大な力を知ることになるでしょう。

あなたが知れば知るほど、その力は増幅されあなたが傷ついた時悩む時そこから救い出してくれます。

 

 

どんな苦痛からも解き放ってくれるの潜在意識の知識

どんなに素晴らしい素質や能力のある人でも、それをうまく使いこなせなければ何の意味もありません。

どんな分野でもそれをマスターすることは必要です。もちろん潜在意識についても同じこと潜在意識を使いこなしたければその基礎知識を十分に自分のものにすることが先決です。

 

そうすれば結果は確実にあなたの望んだものとなっていくでしょう。

今私は一個のオレンジを持っています。手を離せばオレンジは床に落ちます。当然のことですね。

物質は熱すれば膨張する。これも当たり前のことです。日本だからアメリカだからといってこの原理が変わることなどありえません。

 

潜在意識でも同じことが言えます。

電流はプラスからマイナス極へ流れるという法則があるように、潜在意識にも法則があります。

それは信念に従って働くということです。

 

では真の孤独とは一体何でしょう?それはとても簡単なことです。信じることなのです。あなたが心に思うことを願うこと、そしてあなた自身の力を信じるということです。

信じた結果、あなたに起こる出来事やあなたの状態、あなたの経験それらすべてが潜在意識の働きと考えていいでしょう。

 

いいですか?よく聞いてください!

結果を引き起こすのは、信じる「対象物」例えば十字架や仏像ではなく、あなた自身つまりあなたの心の中の思いなのです。

このことを決して忘れないでください。誤った信念や恐怖迷信などにとらわれてはいけません。

 

これらのネガティブ、つまり消極的な考えや感情は真実からあなたを遠ざけてしまうだけです。

いつでも心の調和を保って、健康で平和な状態を維持しておいてください。いつでもポジティブ、つまり積極的な生活状態でいてください。

そうすればあなたの人生に奇跡が起こります。

 

二つの意識

あなたを含めて全ての人間は全く異なる二つの意識や思考を持っています。

例えば男性的な面であったり、女性的な面であったり、あるいは直感的であったり弛緩的であったり、また表面的なものや内面的なもの。

そして意識的なものや無意識的なものと言ったように、このような心の二面的な性質を示すためにこのプログラムでは顕在意識と潜在意識という言葉でそれを表現します。

 

あなたの心を畑に例えるなら、その畑にどんな種を蒔いたかはあなたの今の状態から知ることができます。

ポジティブ積極的な考えの種をまけばポジティブなものを得るでしょうし、ネガティブ消極的な考えの種をまけばネガティブなものが得られるわけです。

潜在意識はすあらゆる考えは原因となり、あらゆる状態はその結果として現れたものです。

 

あなたは自分にとって望ましい状態だけが手に入るように考えればいいんです。

常にポジティブな考えで物事を見ることができたら、あなたはより良い環境の中で最高の状態でいられるようになります。

そうすると、どんな障害もどんな困難も大して問題ではないと思えてくるはずです。

 

それは万物を支配し、無限で万能の法則を持つ宇宙の意識にあなたが同化したためです。

意識的であろうと、無意識的であろうと、あなたの前に現れた世界というのはあなた自身が作り上げたものなのです。

今の生活を変えたいと思ったら、まず顕在意識と潜在意識の相互作用について熟知することです。

 

今ある状況や環境を変えたいと思うなら、原因を追求、しそのもとから正していかなければ変化は起こりません。

だいたい人は、状況や環境に対して直接働きかけて何も変わらないと分かると失望し諦めてしまいます。

でもそれは当然のことで、自分の中にある原因をそのまま抱えたままだからです。

 

その原因と、それまたもう一方のあなたの潜在意識はあなたの考えにとても敏感で中立です。

ですから、あなたの考え方という言い方によって無限のエネルギーが流れ込んできます。

このプログラムでお話しする「潜在意識の法則」を実際に活用するなら、貧困や悲しみ恐怖失敗の代わりに、富や地位、愛、自信そして成功を手にすることが必ずできます。

 

それらが全て手に入るとしたら、あなたが試してみない手はないでしょう。

芸術家を始め、偉大な科学者発明家作家など成功を収め、名を広めた人たちの多くは潜在意識についてよく理解しています。

例えば有名なオペラ歌手のカルーソーにはこんなエピソードがあります。

 

「アルフィーカルーソー」はとてつもない恐怖と緊張感に襲われ、彼の喉の筋肉が痙攣を始めました。

舞台を目の前にしながら、この状態ではまず歌うことは無理です。彼の焦りは不安と恐怖を一層募らせてきます。

彼は耐えきれない苦しさを追い払うために舞台裏でこう叫びました。

 

「ここから出て行け!!今すぐ出て行け!!お前は、私の中のごく小さな一部分でしかないのだ。私を支配する本当の私は今から歌おうとしているんだ私は歌いたいんだ。」

無限の力を持つ「顕在意識」が、彼が歌いたがっているということをもう一つの「潜在意識」に主張したことになります。

すると彼の中に歌いたいという新たな顕在意識が生まれてくるわけです。

 

彼の潜在意識と顕在意識が一致したとき、喉の痙攣はおさまり不安も恐怖も彼の中から消えていきました。

もちろん彼は見事な歌声で観客を魅了し舞台は大成功でした。

カルーソーが「顕在意識と潜在意識」をよく理解していたからなのです。

 

いいですか?

前にも述べました潜在意識がとても従順で反応しやすいのです。

顕在意識が不安や恐怖に満ちあなたを支配し始めると、潜在意識の中にもそのネガティブな感情が流れ込んでしまいます。

 

そうなると、あなたはどうにも身動きが取れなくなりパニックに陥ってしまうでしょう。

ですから、もしあなたにそういうことが起きかけたら、本当に望むことを潜在意識に再確認させることです。

潜在意識は顕在意識つまりあなたが今考え意識している気持ちに従うからです。

「こうしたいけど失敗するかもしれない」そう思えば失敗させ、こうしたいから「必ず成功する」そう思えば無限の力を持って成功させてくれるはずです。

 

顕在意識と潜在意識の関係と働き 

顕在意識と潜在意識の関係についてもう少し詳しく例を挙げて説明してみましょう。

あなたを船に例えたなら、その船の船長は顕在意識ということになります。

 

船長の命令により乗組員はそれぞれの任務を果たします。

もし船長が誤った指令を出し船が岩に乗り上げることになっても、彼がGOといえば乗組員はその指示通りに動きます。

なぜなら船長こそが主人であり、主人には絶対服従だからです。

 

ですから、あなたの船長である「顕在意識」があなたの環境やあなたに関わるあらゆる物事を決めることになります。

あなたの顕在意識が命令を出すと、潜在意識は無限の力を持ってその命令に忠実に従います。

だからこそ気をつけなくてはいけません。

 

ではネガティブに考えた場合の具体例を上げてみましょう。

あなたはキノコが大嫌いだったのに、どうしても食卓に出された「きのこ料理」を食べなくてはいけない状況にあった時、キノコを口にしたあなたはきっと消化不良を起こしてしまうでしょう。

それは潜在意識がきのこを嫌いだということを察知し、その反応をあなたの体に起こさせるからです。

 

また、夜コーヒーを飲むと眠れなくなるという人も同じです。

夜遅くコーヒーを飲んだことを特に意識しなくても、コーヒーを飲むと眠れなくなるという「理屈を覚えている潜在意識」があなたを眠らせないようにするからです。

また、あなたが常に心や生活に余裕を持ってる状況ではないと言っていたり、海外旅行や事業の独立など自分には夢でしかないのだと思い込んでいれば「潜在意識」はそれを真に受けます。

 

そしてあなたには事業家の道も海外旅行のチャンスさえも与えてはくれなくなるでしょう。

これはネガティブな考えが「真実だと思い込んでいた」ばかりにネガティブな結果を生むことになる一例です。

ではポジティブに積極的に考えてみるとどうなるでしょうか?

 

南カリフォルニア大学の女子大生の例があります。

彼女はクリスマスを家族と過ごすために帰省するところでした。

途中彼女はショーウインドーの中にとても素敵なバッグを見つけたのです。

 

一目でそれが気に入り、欲しくて欲しくてたまらなくなりました。

しかしそれは彼女にとってとても手が届かない高価なものでした。

「私にはとても手が出せないわ・・・」

 

そう呟きそうになった時、彼女は私のセミナーでの言葉を思い出したそうです。

ネガティブな気持ちになりかけたらすぐそれをポジティブな考えに切り替えなさい。そうすれば必ずあなたに奇跡が起こります。

彼女はすぐにそれを試みました。

 

「あのバッグは私のものになる」私が今ここでそのバックと出会ったということは、私がそれを手に入れるために違いない。

私が強く望めばあのバッグは私の手に入るはず。

クリスマスイブの夜、彼女は婚約者からプレゼントをもらいました。

 

そのプレゼントというのは、あのショーウインドウで見たバックと同じものだったのです。

これは偶然ではありません!!偶然と思っている出来事は全て「潜在意識」が必然的に起こしている現実なのです。

あなたが金額や夢で心を満たし、それが潜在意識に届くと、それはあなたの周りのあらゆるものを使って無限の力であなたに答えてくれます。

 

彼女はその後私にこう話してくれました。

あの時私にはあのバッグを買うお金なんてなかったのです。でも今は 欲しいものなら何でも手に入ると信じています。

私の中に秘められている無限の力を使いさえすればいいんです。

 

75歳の未亡人の場合

先日私のセミナーに出席したという女性から一通の手紙をもらいました。

彼女は75歳の未亡人で、子供達はそれぞれ家庭を持っており、75歳で一人暮らしというのはきっと大変孤独なことでしょう。

 

その時彼女は、私がセミナーで話したことを実行してみるのか、「私は一人ではない。優しく思いやりのある人、誰よりも私を愛し大事にしてくれる人がきっとどこかにいるはず。私はその人と結ばれる運命なんだ」

という言葉を彼女は日に何度も何度も繰り返し、信念を持って自分に言い聞かせたのです。

 

するとある日一人の男性が彼女の前に現れました。

親切で理性的な彼女が思い描いていた通りの男性でした。

しかも知り合って間もなく彼女はその男性にプロポーズされたそうです。

 

この手紙は新婚旅行先から届いたものでした。

その心の中に「顕在意識と潜在意識」が存在するのです。

あなたの考えることは何でも潜在意識の中に入り、その考えに沿った結果を与えてくれます。

 

潜在意識こそあなたの感情や考えをそのまま表現する心です。

そして潜在意識はある考えを一旦受け入れると、すぐさまそれを実行しにかかりますから、十分気をつけなくてはいけません。

あなたがどんな考えを持っていても、あなたの内なるスピリットの法則に従って、潜在意識は中立的立場から思い通りの結果を与えてくれます。

 

つまり潜在意識は善悪という判断から結果を与えるのではなく、あなたの考えに忠実に従うだけなのです。

ですからあなたにとってメリットになること、あなたの望むことを心から考えるなら、それらをあなたに体験させてくれます。

潜在意識にあなたの考えを受け取らせることができたとき、健康も愛も地位もあなたの欲しがる全てのものを手に入れることができるでしょう。

 

ある一つの考えが潜在意識に到達すると、その情報が確実に脳細胞にインプットされるそうです。

この事実は心理学者や精神分析医も認めています。

するとあなたの中の無限のエネルギー、そして知識は、この内なるスピリットの法則に同意し、全てを可能にしていくわけです。

 

何か新しいことを達成させることだけに限らず、あなたに起こる様々な問題を解くカギになっています。

その結果が目に見えてくるのにはもちろん個人差がありますが、それぞれその人のレベルに応じて見えてくるでしょう。

 

顕在意識と潜在意識の違い。

よく聞いてください。 私たちには「顕在意識と潜在意識」という二つの異なる心があるわけではないのです。 

顕在意識というのは、あくまでも自己を選択したりする心のことで、例えばあなたが本屋の仕事や友達を選ぶときに使う意思のことです。

 

一方潜在意識とは「肉体的生命活動」いわゆる呼吸消化循環作用といった無意識のもとに働いているものと考えれば分かりやすいでしょう。

顕在意識のように自ら思考することはなく、葛藤することもありません。

現在位置から流れる考えに従って、結果を作り出します。

 

あなたの考えが正しいか正しくないか、良いか悪いかの判断で結果を与えるわけでもありません。

あなたの考えが良かろうが悪かろうが、心に思い描いたことが実現されていくのです。

潜在意識に対する意識について、心理学者たちは数々の実験を行っています。

 

その結果からも潜在意識には自ら選択や比較判断する能力のないことがわかりました。

それはどんな暗示でも受け入れる、その暗示通りの反応をすることが実証されたこと、その時の実験であげてみましょう。

 

ある人にあなたは「ナポレオンボナパルトです」と暗示をかけて、そして今度はあなたは猫になりました。とか犬になりましたと言ってみます。

するとその人は言われた通りのものになりきってしまいます。

また、四人に全く異なる内容の暗示を同時にかけてみます。

 

一人には背中が痒いという暗示。

二人目は鼻血が出ているという暗示。

3人目にはあなたは大理石の像だと、四人目には雪山で焦げているという暗示を与えてみるのです。

 

与えられた暗示に対する反応を同時に見せました。

実に面白い結果ですが、これは潜在意識が状況や環境を判断して反応するのではなく、潜在意識から出された内容に応じているということを明らかにしています。

だからこそ、あなたは常に「ポジティブ積極的」な考えを持つように心がけなくてはいけない。潜在意識が良し悪しを判断して受け入れるのではないのです。

 

超能力と呼ばれるもの

こういった自分以外の対象物から五感を通して受ける気持ちや意識のことを「顕在意識客観的精神」と言います。

つまり顕在意識は観察と体験と教育によって使われているものがある一方、潜在意識は第六感とも言われる直感などによって喚起されるもので「主観的精神」と呼ばれています。

 

そして「主観的精神」は「客観的精神」が休止状態の時はっきりと現れてきます。

いわゆる超能力とも呼ばれている透視能力や独身能力はこの主観的精神が持つ能力のことです。

その他にも体外遊離のように、精神が自由にあなたの行きたいところ、見たい所へ飛んでいき、情報を持ち帰ることもできます。

通常の客観的伝達手段を用いなくても、主観的精神で互いに了解しあうこともできます、テレパシーがそれです。

 

潜在意識は自己主張をしない。

あなたがネガティブな考えを持っていたとしても、潜在意識はそれについて判断も意見もしません。

ただそれなりの状況や体験や結果を実現させるだけですから、今まであなたに起こったことが全てあなたの潜在意識に刻み込まれたことの表れなのです。

もしあなたが自分にとってネガティブな観念を植え付けてしまっていたら、今すぐそれをポジティブな方向へ切り替えることです。

 

そして何度も自分に言い聞かせることです。

顕在意識の思考習慣は知らないうちに潜在意識に刻印されていますから、ポジティブに考える習慣があればそれはすべてあなたにとって良い影響をもたらすことになります。

でももしあなたに恐れや不安というネガティブな感情があるなら、今すぐそれをして潜在意識の力を信じるようにしてください。

そうすれば潜在意識は内なるスピリットに従い、神と同化することができます。そしてあなたが望んだことを与えようと活動し始めるでしょう。

 

潜在意識は暗示を受けやすい。

今まで話してきたことは十分理解していただけましたか?

潜在意識は顕在意識が与えたイメージに反応するだけのことで、自ら選択したり判断したりすることがないということです。

 

すると顕在意識はあなたの潜在意識にマイナスになるような考えを受け入れないようにするための本番とも言えますね。

潜在意識は暗示を受けやすいのです。

例えば、船旅の途中で、気の弱そうな乗客にこんなこと言ってみます。

 

「大丈夫ですか顔色が悪いようですよきっと船酔いです。あなたのお部屋に連れて行ってあげますから部屋で休まれた方がいいですよ。」

そう言われると、実はどこも具合が悪くはなかったのに、その人はその言葉を聞くと船酔いの自覚症状を感じ出すようになります。

これがいわゆる暗示というものです。

 

暗示にかかる理由一つ。

暗示に対する反応は人それぞれですが、今挙げた例のように、船に乗り慣れない乗客であれば簡単に暗示にかかり自覚症状も出るでしょう。

ところが同じことを乗組員に行ってみたらどうでしょうか?

 

忠告?だと笑うか、あるいは不愉快に思う人もいるかもしれません。

辞書には暗示とは他人の心の中に無意識のうちにある観念を植え付けることとあります。

つまり、ある考えや観念が受け入れられ実行される時の精神的プロセスを意味します。

 

ただし、顕在意識の意思に逆らって潜在意識にある観念を植え付けることはできます。

言い換えれば潜在意識は与えられた暗示を拒絶することができるということです。

これはとても重要なことですから忘れないでください。

 

乗組員は暗示にかからなかったのは自分が職業柄、船酔いなどするはずがないという強い信念があったからです。

だから彼の潜在意識まで届かなかったのです。

ところが気の弱そうな乗客の方は暗示にかかり、船酔いに対する恐怖と不安が呼び起こされてしまったわけです。

 

つまり顕在意識がそれを認めたために何でもなかったはずの彼が潜在意識の働きで自覚症状を感じてしまったわけです。

私たちは誰でも心に不安と恐怖神殿と一生持っています。

そしてこれらが私たちを支配している暗示は、あなたの顕在意識が受け入れない限り何の力も持ちません。

 

ですから潜在意識を常にポジティブなものにしておくことが大切なのです。

 

 

不思議な出来事その1

2.3年ごとに私の作った論文「診療フォーラム」で講演を行っていました。

ここの所長「 エブリンフリード」白身が、新聞に掲載された暗示についての記事を私に話しておりました。

それは不治の皮膚病と関節炎に苦しむ娘を持つ男の話でした。

 

彼は苦しむ哀れな娘の体が治るなら、自分の右腕をなくしてもかまわないと「2年間も願望の入力」を行い続けていたのです。

ある日、彼は事故で右腕が肩からもぎ取られてしまいました。それと同時に不思議にも彼の娘の不治の病はすっかり治ってしまったのだそうです。

そんなことがあるのかと不思議に思うかもしれませんが、潜在意識の持つ力に可能なことなどありません。

 

いいですか?潜在意識にジョークは通用しません。

すべてあなたが望む真実だと理解し事を成すことを忘れないでください。

 

気になる出来事その2

自己暗示とは、自らが自分の心の中にある観念を植え付けることです。

アバターパーキングを記した自己暗示という本に面白い例がありましたので紹介しましょう。

 

ある日ニューヨークに住む a さんがシカゴの友人 b さんの家を訪ねた時のことです。

ニューヨークとシカゴでは1時間の時差がありますから、 a さんの腕時計は b さんよりも1時間進んでいました 。

a さんは自分の腕時計を見てもう12時だとつぶやくと、それを聞いた b さんはお腹が空いたから昼食を取りに行こうと a さんを誘ったそうです。

 

その他にも自己暗示は自分の中のネガティブな感情を消す時にも使われます。

オーディションを受けた若い歌手のことです。彼女は以前にも3度ほどオーディションを受けたことがありました。

心が不安と緊張で彼女は3度とも失敗してしまいました。

 

私の歌は気に入ってもらえないかもしれない、駄目だは落とされるに違いない、そんな気持ちが彼女の自信を喪失させ失敗させてしまったのです。

それで彼女は今回は同じ失敗を繰り返すまいと1日に3回ある自己暗示をかけることにしました。

アームチェアにゆったりと腰を降ろして全身の力を抜きリラックスして心の中で唱えるのです。

 

「私はきっとうまく歌える。落ち着いて平静にいつものように堂々と歌え、そしてみんなを感動させるのだ。」

 

3回のうち1回は寝る前に、後の2回も出来るだけ心も体もリラックスした状態で行いました。

リラックスして行うのが一番のポイントなのです。心が受動的になって暗示を受けやすくなるからです。

彼女はオーディションの日まで毎日欠かさずこれを自分に言い聞かせました。

そしてとうとうオーディションに合格することができたのです。

 

不思議な出来事その3

75歳になるある女性が次第に衰えていく記憶力を悲観していました。

ところが、ある日からそのことを気にする代わりに考え始めた。

今日から私の記憶力は若さを取り戻す。どんどん向上していく。そして今までよりももっと記憶力が良くなる。

3週間後、彼女は自分でも驚くほどの記憶力を得たそうです。

 

不思議な出来事その4

性格改善。

いつも不機嫌で癇癪を起こしやすい人というのは自己暗示にかかりやすい。

次の言葉を一日数回繰り返せばすぐに効果が出ます。

 

「私はこれからもっと人間的に丸くなっていく。常に明るく陽気に精神的にも安定した日々を送っていく。そして誰からも愛され理解ある人間になる。」

この言葉を繰り返してください。

 

自己暗示に対して、他人から受ける暗示を他者暗示と言います。

暗示は今まであらゆる時代にあらゆる国の人々の生活や思想に大きな影響を及ぼしてきたし、私たちの多くは子供の頃から悪い暗示を与えられてきています。

 

そして知らず知らずのうちにそんな考えに支配されてきているので、例えば「そんなことできるわけないよ。お前なんかろくな人間にはならないよ。そんなことはしてはいけない、どうせ失敗するに決まってる。チャンスがなかったんだ。みんなあいつのせいだ。結局世の中に自分の力じゃなくコネなんだよね。努力するだけ無駄なんだ。今からやったってもう遅いよ。もうだめだ嘘っぱちだ。もう誰も信じられない。」

 

以上のようなネガティブで消極的な言葉を、もしあなたがまだこれらの考えの中にいるのなら、その考えは修正しましょう。

なぜなら潜在意識に刻み込まれた悪い暗示が、社会生活に不幸をもたらすからです。

 

そういう「否定的他者暗示」から、真実の自分を取り戻したい。

すべてを可能にすることができるのが「自己暗示性的暗示」は訂正できるのです。

いつの新聞でも構いません。開いてみると失敗・恐怖・不安などの原因になりそうな記事がたくさん見つかるでしょう。

 

そしてそれを鵜呑みにしてしまえば、あなたは生きる意欲さえ失いかねないでしょう。

ところがあなた次第で全てが変わるということを知っていれば、どんなネガティブな情報を得ても、あなたの人生があること揺るがないはずです。

否定的な質問に影響される必要はありません。

 

子供の頃には誰もがそれに悩まされるものですが、それを与えていたのは両親や友人や教師だったことが思い出されるでしょう。

ではそれらをよく考えてみてください。きっとそのほとんどは何の根拠もないことが分かるはず。

つまりこの種の他者暗示は、あなたの考えや感情行動を規制しようとした人たちが、あなたをコントロールするために用いていたに過ぎない。

 

不思議な出来事その5

死を認めた男

これは他者暗示の一例ですが、私の親戚で水晶占いをしてもらう為インドまで行った人がいました。

 

その占い師に、「あなたは心臓を患い、次の月に死ぬだろう」と予言されたので彼はその話を親戚中に話して回り、遺書まで用意しました。

彼は私にその水晶占い師の神秘的な力と、その予言は絶対的なのだと言って聞かせました。

この時すでに「彼の潜在意識」にはその恐ろしい予言が到達していたのです。

 

案の定、彼の自己暗示までが加わり彼は死にました。

彼は実際インドへ行く前はいたって健康で丈夫でした。それが占い師によって非常にネガティブな暗示を与えられ、彼は変わってしまいました。

自分が死ぬことを信じ、周囲にもそれを言ってまわっていたのです。

 

彼の顕在意識が「彼の死」つまり、死への恐怖と死の予言を認め信じたために、潜在意識が彼にその死を与えたわけです。

本当は彼の死を予言した占い師には何の力もないのだから、もし彼が自分を支配するのは自分自身の考えと感情だという心の法則を知っていたなら、占い師の言った言葉などはねのけたに違いありません。

あなたがそれに力を与えてやらない限り、あなたに対して何の力も影響を及ぼすことができないものです。

 

あなたは常に自分で選択していることを忘れないでください。

自分にとって正しいと思うことを選ぶことです。

他人の意見に惑わされることなく、自分にとって最善の環境や状態を考えればいいのです。

 

潜在意識の三段論法

私たちの潜在意識は何らかの「前提のもと」に働き結果を下します。

例えばこのような理論があった場合。

 

1. 全ての形あるものは変化している

2. エジプトのピラミッドは形あるものゆえに1回ピラミッドも変化し移りゆくのだ。

この三段論法の一番目が大前提で、3番目が結果です。

 

そして潜在意識もこの三段論法のように働くのです。

ある年の5月、ニューヨークで開かれた心の科学についての講演に出席した大学教授が私にこう言いました。

私は健康を求め、そして友人は私の人生にもう何も残されてはいない、私のやることは何もかもうまくいかないと言うのです。

 

私は彼に潜在意識が「無限の力」を持ち、それを活用するなら不可能なことなど何一つない。

欲しいものは全て手に入れることができるという前提に立って、物事を見るようにとアドバイスしました。

彼は素直に私の言葉に従いました。

 

自分の望む生活を頭の中にイメージすることを始めたので、これが彼にとっても「大前提」です。

私は無限の力を持つ。その力のもとに私の望むものは必ず手に入る。

愛も平和も富だから、私は常に潜在意識に呼びかけているよ。

 

その後、彼は私に手紙をくれました。

私はこの言葉を一日に何度も繰り返し「潜在意識」に沈めていきました。

おかげで私の人生はすっかり好転し、心に描いていた事が一つずつ実現しています。

本当にあなたに出会えたことを嬉しく思っていますという感謝の手紙だったのです。

 

在意識は全知全能です。

あなたが心に思い描くことの回答も、その結果も全てあなたに与えることができます。

ですから、あなたと議論もしなければあなたに意見もしないのです。

 

あなたが私にはできない、今更遅すぎる、俺は何をやってもダメなんだよ、自分には何一つコネがない。とこんなネガティブな事ばかり考えていると、当然潜在意識はそれに反応し始めます。

そしてあなたをダメな人間に仕上げてしまいます。

また、ひどい人になると病気やノイローゼを起こしますが、これは潜在意識があなたの問題に対しても回答を出そうとする時にあなたがそれを拒否するからです。

 

そうすると精神的にも完了 バランスを崩しおかしくなってしまいます。

いいですか?全ては良きことのためにあるのです。

何事も良い方向へ向かっているので、あなたが良いことのために潜在意識に役立ってもらいたいなら、それに見合う要求を出すことです。

 

あなたの心臓の働き、呼吸のコントロール、指の怪我を治すのも潜在意識です。

常にあなたが生きるための力を与えてくれるので、あなたが自分で思い込まない限り悪い方向には進みません。

あなたが何かの問題に出くわした時、その回答を求めるものなら潜在意識が答えてくれます。

 

しかし、潜在意識は直接あなたに意見をしたりしませんから、あなたが気づき顕在意識で認識するまで待っています。

でもあなたが深く深く自問自答しようと試みると、突然と一筋の光のようなものがあなたの中に現れるでしょう。

そう、きらめきです!!

 

それこそが潜在意識の答え。そのひらめきを得たいなら、すぐに心にこう思うことです。

私の潜在意識はその答えを知っている。今私に応えようとしているはずだ。すべての答えは私自身の中にある。

 

セッション2のまとめ

第一にあなたの考えていることはそのまま結果として現れます。

ネガティブな人生を送るからポジティブな人生を送るかはあなたの考え方一つです。

 

第二に潜在意識はあなたに何の意見も反対もしません。

あなたの思うことを全て真に受けますから、あなたのためになることを望んでください。

 

第三に、あなたは常に選択をしている。明るい人生、辛い人生、あなたの人生は無意識にあなたが選択してきたものの表れ。

 

第四、顕在意識は心の門番です。

潜在意識にネガティブな感情が流れ込まないように見張っています。

頼もしい門番を心に持ってください。他人の言うことはあなたには何の影響も及ぼしません。

唯一の力はあなた自身の考えです。外に惑わされず自分をしっかり持つことです。

 

 

第六に、自分の言葉に気をつけることです。

潜在意識にジョークは通じませんから、もうだめだとか生活していけなくなるとか決して入ってはいけません。それが実現してしまうから。

 

第七に、「全ては良きことのためにあります」

自然の力は生命のため良いことのために向いています。

あなたが悪い方向に向けない限り、良い方向へ進むのです。自然の力を大いに活用してください。

 

第八に、私にはできない→私には何でもできると言い換えることです。

不安と恐怖心を克服し、自分の無限の力を信じること。他人・メディアに植え付けられた恐怖や不安から出発してはいけません。

自然の力と自分を信じて出発することです。

自分自身の考えに従って、選択肢を育ててください。

 

第九に、あなたは自分という船の船長。

健康と幸福と豊かさへの進路に向かって船を進めてください。

あなたの顕在意識が認め、信じたことはどんなことでも実現してしまうことを忘れないでください。

 

44分57秒まで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です